おせち料理を子供に語るなら…

「おせち料理って何?」と子供に聞かれたとしたら、何と答えますか?
「お正月に食べるお料理のことをおせち料理って言うのよ」と、ほとんどの人が答えそうな気がします。
でも、お正月に食べる料理すべてがおせち料理…ではないですよね。
案外、子供におせち料理を説明するのは難しいものです。


そこで、とても分かりやすくお節料理について描いてある絵本をご紹介したいと思います。
『十二支のお節料理』という、川端誠さん作の絵本です。
神様に集められた十二支の動物達が、お正月、そしてお節料理の準備に精を出すという物語です。
日本のお正月について描かれた定番の絵本と言えます。


日本のお正月らしさが満載で、色鮮やかに仕上がっているこの和風絵本『十二支のお節料理』なら、お正月やお節料理についてはもちろん、年越し、十二支、年神様などについても合わせて子供にお話してあげることができます。

続きを読む

おせち料理の縁起かつぎ

おせち料理と言えば、日本のお正月には欠かせない料理ですよね。
ちなみに、おせち料理の「おせち料理」という言葉、平仮名で目にすることが多いように思いますが、漢字では「御節料理」「お節料理」と書くそうです。

知らなかったら「おふし」って読んじゃいそうですよね。(笑)


昔はおせち料理と言えば、各家庭で年末から手作りしていたように思いますが、今ではおせち料理は、デパートや料亭でも販売されていて、お歳暮に並ぶ年末商戦のひとつになりました。

おせち料理は毎年買ってるという人も、結構多いのでは?


確かに、御節料理、買うことが出来るならそれが一番楽ですよね〜。

お節料理って、あれこれ入ってるから、自分で作ろうと思うと大変ですもの。
続きを読む

おせち料理の歴史

おせち料理といえばお正月。日本人なら誰しもそう答えますよね。
一年の初め、遠く離れた家族や親戚が一同に会して、皆で一年の健康と幸せを願いながら囲むお節料理。
ひとつひとつのお節料理に縁起かつぎがあったりして、まさにお正月に無くてはならないものですよね。


でも、実はおせち料理というのは、本来はお正月に食べる料理のみを指したものではないのです。
おせち料理の歴史は古く、平安時代にまで遡ります。
平安時代では、3月3日や5月5日などの五節供に料理が出されていて、この「お節供(せちく)料理」がおせち料理の始まりです。


おせち料理が今のような形になったのは、江戸時代後期からと言われています。

ですから、現在に伝わるおせち料理の歴史としては、200年そこらということになりますね。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。