おせち料理の歴史

おせち料理といえばお正月。日本人なら誰しもそう答えますよね。
一年の初め、遠く離れた家族や親戚が一同に会して、皆で一年の健康と幸せを願いながら囲むお節料理。
ひとつひとつのお節料理に縁起かつぎがあったりして、まさにお正月に無くてはならないものですよね。


でも、実はおせち料理というのは、本来はお正月に食べる料理のみを指したものではないのです。
おせち料理の歴史は古く、平安時代にまで遡ります。
平安時代では、3月3日や5月5日などの五節供に料理が出されていて、この「お節供(せちく)料理」がおせち料理の始まりです。


おせち料理が今のような形になったのは、江戸時代後期からと言われています。

ですから、現在に伝わるおせち料理の歴史としては、200年そこらということになりますね。

日本の伝統文化である御節料理ですが、こうして見ると意外に歴史はそこそこ新しいですね。


今では通販でも御節料理が買える時代になりました。
昔ながらの和風のおせち料理はもちろんのこと、洋食のおせち料理もあれば、中華のおせち料理もあります。
なかには、冷凍のおせち料理までもがあります!


時代に合わせて形は変えつつも、おせち料理の歴史はこれからもずっと続いていくんでしょうね。
そしてどんなにおせち料理の歴史が長く長くなろうとも、御節料理に込められた願いや思いというものは、不変であり続けるのだと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60762380
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。